みんなで大家さんを利用することで最低限のリスクで不動産投資

賃貸物件をビジネスにする

ハンドシェイク

近年airbnbというサービスが人気を集めています。大阪市を含めairbnbのサービスは日本各地で利用している方が増えているのです。これは民泊といった一部屋を貸し出すサービスで、事業として始める人が年々増加しています。旅館業の規制がある中でairbnbのサービスは格安で宿泊ででき、海外の旅行者を中心に大きな需要があるのです。自分で不動産物件として持っている場合であればすぐにでも民泊のサービスを提供できるのです。大阪市では、賃貸物件を借りてそこで民泊を開始する人が多くみられます。民泊をする際には、民泊許可物件として認定してもらう必要があります。しかし、実はこの民泊許可が下りる物件というのは非常に少ないのです。基本的にはその人が住むために貸し出す物件として扱っているので、事業として貸し出すことが許可されている物件は少ないのです。大阪市でも民泊の許可を出している物件はほとんどありません。最近では、不動産業者が物件のオーナーに民泊の許可をもらえるように掛け合っている状態です。そのため、この事業はブルーオーシャンといえるので、始めやすくなっているのです。しかも一大観光地である大阪市では、airbnb賃貸の需要が多いので、不動産会社が民泊の許可を貰える物件を見つけ出す動きが活発化しています。ビジネスとして展開を考えている人も多く、しかも需要も多いとなれば今始めどきだといえるでしょう。世界から注目を浴びているairbnbは今後も大阪市を中心に盛り上がる傾向があるので、ぜひ検討してみましょう。

Copyright © 2016 みんなで大家さんを利用することで最低限のリスクで不動産投資 All Rights Reserved.